創業百年「土佐料理」発祥の店 司

ホーム > 土佐料理司商品一覧 > 伝統の鍋料理 > 鯨はりはり鍋

はりはり鍋

はりはり鍋

古式捕鯨で栄えた土佐の國。伝統の鯨料理を鯨料理専門店「土佐料理 司」が再現。
土佐湾は鯨が入って来やすい地形となっており古来より和歌山太地より多くの人々が土佐に移り住んで捕鯨技術を伝授、その恩恵で土佐独特の鯨食文化が発達しました。
近年、反捕鯨活動により捕獲量を制限、高級食材となった鯨ですが南氷洋調査捕鯨のミンク鯨を使って土佐料亭が誇る冬ならではの伝統鯨食文化を再現。肉厚の鯨肉とシャキシャキの水菜。この最高の組合せが織りなす、懐かしの味。土佐が誇る冬ならではのご馳走を豪快にどうぞ。

はりはり鍋

ハフハフ、ハリハリ
「鯨ハリハリ鍋」。

みずみずしい水菜の食感を
「ハリハリ」と表現したのが、その名の由来。
鯨肉は旨味の異なる三種の部位を迎えて。
新物鯨を使った高級鍋を、ぜひご家庭で。

肉厚な鯨肉とシャキシャキの水菜。
土佐が誇る冬ならではのご馳走を豪快にどうぞ。

土佐湾は鯨が入って来やすい地形となっており古来より和歌山太地より多くの人々が土佐に移り住んで捕鯨技術を伝授、その恩恵で土佐独特の鯨食文化が発達しました。「おらんくの池(太平洋)にゃ、潮吹く魚が泳ぎよる」と民謡よさこい節にも歌われほど、鯨は高知と馴染みがあります。

司のはりはり鍋の主役には、稀少価値の高い3種の鯨肉をセット。ふわっととろける「さえずり(舌)」。旨みの中心部「うねす」。クセのないさっぱりとした味わいの「赤身」。どれも入荷したての新物鯨、鮮度が良いので臭みも無く、それぞれの部位は異なった味わいがあります。

煮込むほどにあふれ出る肉汁の旨味は特製だしと相まって、言葉では語ることのできない黄金のだしとなり、他の具材の旨味をより一層引き立たせます。

鯨はりはり鍋 商品一覧

2 件中 1-2 件表示 


2 件中 1-2 件表示