創業百年「土佐料理」発祥の店 司

ホーム > 土佐料理司商品一覧 > 土佐名産・珍味 > うつぼ料理

ウツボ料理

ウツボ料理

高知ではカツオに並ぶ代表的な食材ウツボ。身が肉厚で柔らかく、脂ののりも良いと高知県でも評判の天然ウツボを厳選して仕入れています。熟練板前の目利きはもとより、良い品質のものは自然とその料理がよく出る専門店に集まります。土佐料理司はうつぼ料理の名店として評判が高く、鮮度のよいものを熟練板前が素早く調理、加工してお届けしています。

一度食すると
忘れられない味。

淡白で豊潤、磯魚でありながら臭みもなく、
皮下のゼラチン質からは旨みの広がる
噛めば噛むほど味わい深い、食通をも唸らせる独特な歯ごたえと食味があります。

ウツボの旨みを余すことなくご堪能いただける「たたき」と
プリプリの食感が魅力の「生ウツボの唐揚」をご用意。

長年培った焼き方により皮目の旨み肉質の適度な歯ごたえを余す所なく演出した自慢のウツボたたきは料亭仕込み秘伝のたれで心ゆくまでご堪能ください。また、生ウツボの唐揚げは味付けをして鮮度の良いまま急速冷凍、真空パックをしてお届けしますので、ジューシーで身がギュっと縮まったプリプリとした食感をお楽しみいただけます。

うつぼ料理

調理に高度な技術を要する、
知られざる土佐の美味「うつぼ料理」。

これほどまでに、美味しいウツボがなぜ今日まで皆様に知られていなかったのでしょうか。それは、ウツボの調理方法が確立していなかったことにあります。

ウツボはとにかく骨が多いのです。京料理の食材として名高いハモも身の間に小骨が多く独特の調理方法が知られていますが、うつぼはそれ以上に大小さまざまな骨が複雑に入込んでおりこれが食する時に非常に邪魔となっていました。

ウツボ料理といえば、小さくたたいて煮こごりにしたものや、から揚げ、干物等が一般的ですが、その身質、特に皮と身の間の豊富なゼラチン質を最も生かした究極のうつぼ料理がウツボのたたきです。

特殊な技術を習得したものだけが作ることのできるウツボたたき。ウツボは、その調理方法の広まりとともに、味も全国各地の食通の皆様に徐々に知られる所となり、今ではその価格も高騰。知る人ぞ知る、土佐の美味・珍味として味・人気・価格全てが知られざる高級魚です。

ウツボの皮はゼラチン質でコラーゲンが豊富。
女性に嬉しい、美容に欠かせない食材です。

ウツボの持つ独特の旨みはその身を守る厚い皮から皮下にひろがるゼラチン質。良質のたんぱく質、カルシウム、鉄分が多く、特に身と皮の間のゼラチン質には天然のコラーゲンを多く含みます。大変栄養価が高く、お肌の老化防止、滋養強壮、体内の解毒作用に効果があると言われており、美容ならず健康にも優しい食材といえます。

うつぼ料理

温暖な浅海に生息する海のギャング「ウツボ」。

ウツボは、磯場の極浅い場所に住み人をも恐れぬ不適な面構えは、見るものを威圧し一昔前までは、漁師や釣り人にもその餌どころか仕掛けまで台無しにする嫌われ者でした。種類も多く、体型や色彩も多種多様なウツボの中には観賞魚として愛好家に育てられているものもあり、ウツボの性格はどちらかと言えばおっとり温厚型、日本全国の水族館でも必ずといってよいほど飼育されています。

一度じっくりとご覧になってください。餌が豊富にあれば、水槽内でも他の魚と共存でき、案外愛嬌があり親しみがわいてきます。漁は延縄漁。食性は動物性で特にたこが好物、たことウツボの死闘は海辺の町ではよく知られた実話です。そのほか魚や海老、蟹等の甲殻類など鋭い歯でなんでも食べてしまいます。

うつぼ料理 商品一覧

3 件中 1-3 件表示 


3 件中 1-3 件表示