創業百年「土佐料理」発祥の店 司

ホーム > 土佐料理司商品一覧 > 土佐名産・珍味 > どろめ(ドロメ)

土佐海産珍味 どろめ

どろめ
どろめ

どろめへのこだわり

土佐の海産珍味として名高いどろめ。

どろめは、古よりご飯の伴として愛された釜揚げちりめんの生で、土佐の方言でいわしの稚魚のことです。 どろめのほのかな苦味は日本酒との相性抜群です。

どろめ(ドロメ)詳しくはこちら>>

どろめ(ドロメ)

商品番号 C-D100

864円(税込)

数量
クール便でお届けします
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

商品内容

どろめ(100g)
土佐ぬた
別途送料1,000円。

注文受付期間:通年
お届け期間:通年
お届け日:受注確認メールを送信し受注確定後約3日、日時指定可
配送形態:冷凍クール便
賞味期限/解凍後は12時間以内にお召し上がりください。
※再冷凍は品質を劣化させますのでご遠慮ください。
※器は商品に含まれません。

土佐の珍味 どろめとは

どろめは、古よりご飯の伴として愛された釜揚げちりめんの生で、土佐の方言でいわしの稚魚のことです。
黒色色素が体表に定着する以前の体長3センチ前後の小さな魚体は白色掛った半透明色で、鮮度が良い物ほど体色が透きとおっており、体型は針のようにピンと立っています。

どろめの語源の由来は不明ですが、泥の中から大きな目だけをギョロと出している様子を見てどろめと名付けられたと言った説もあります。
いわし類は暖海性回遊魚で群れをなし、同じ回遊魚の鯵(あじ)とは異なり瀬に居付くことはなく、海底にじっと潜むのは孵化した直後のまだ鰭もなく極初期の段階か、又はそれに似た白魚(ハゼの仲間)か瀬戸内海に多い、いかなごのような魚と見まちがえたのではないかと思われます。

いずれにせよ、遊泳力を得たいわしの稚魚どろめは餌となる植物プランクトンを求め栄養豊富な河口の水が注ぎ込む沿岸に集まります。
 どろめを食した時のほのかな苦味はこの餌となる植物性プランクトンに由来すると思われます。
そのほのかな苦味は日本酒との相性抜群、土佐ではこのどろめを肴にしてどろめ祭が毎年行われます。

どろめの食べ方

1パック(100g)で約3人前。お召し上がりの直前に解凍してください。

薄く敷詰めたどろめは真空パックのまま冷水へ漬けると約5分で解凍し食べごろとなります。解凍直後のどろめの鮮度は、まるで地引網から取り上げたばかりのものと見まちがえる程。独特の食感と味がお楽しみいただけます。
備え付けの土佐ぬた(にんにくの葉をすりおろした味噌)は、まろやかな風味が引き立ちおかずとしても家族全員でお楽しみいただけます。
酒の肴には、ゆずぽん酢をかけてお召し上がりいただくのも良いでしょう。

いずれも、お召し上がりの直前にどろめにかけるのが美味しくお召し上がりいただく最後の秘訣。
冷蔵保存の場合、解凍後12時間ほどは生でお召し上がりいただけますが、オススメは30分以内、土佐の海の恵み、本来は浜の漁師さんしか味わえない味覚を存分にご体感ください。
商品の再冷凍は品質を著しく損ないます。解凍後は一度にお召し上がりくださいませ。
仮に残った場合は、お吸い物、味噌汁の具、卵とじとして美味しくお召し上がりいただけます。


おすすめ商品

限定おすすめギフトB

限定おすすめギフトB

5,600円(税込)

数量
詳しく見る

土佐づくしセット

土佐づくしセット

7,166円(税込)

数量
詳しく見る