ホーム > フルーツ・農産物 > 土佐文旦(2L)10kg

土佐文旦(2L)10kg

土佐文旦
土佐文旦

土佐文旦【露地】へのこだわり

ほどよい甘酸っぱさと爽やかな風味。
あふれ出る極上の果汁。
名人が作るこだわりの逸品、
柑橘類の王様、土佐文旦。

独特の爽やかな香りと酸味、そして蜜のような甘さ。この二つを合わせ持ったのが、土佐の冬を代表する味覚「土佐文旦」です。
土佐文旦発祥の地、土佐市宮ノ内で文旦づくり50年の名人が作った、極上の土佐文旦を本場高知より産地直送にてお届けいたします。名人の技と、土佐の風土が作り上げた極上の逸品をぜひご堪能ください。
「ご贈答用にも最適です。」

土佐文旦詳しくはこちら>>

土佐文旦(2L)10kg

商品番号 TB-2L-10

◆2月中旬より発送予定

7,000円(消費税込:7,560円)

[ 送料込 ]

数量
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

土佐文旦のお召し上がり方


  1. 土佐文旦はすべての皮に苦味がありますので、完全に皮を取り除き、果肉部分のみをお召し上がりください。まずは、文旦の頭と尻の部分を切り落とします。その後、皮に縦線を入れ、その線に沿って中身を取り出します。

  2. その後、土佐文旦の皮に縦線を入れ、その線に沿って中身を取り出します。

  3. 土佐文旦の房の上(芯)を切り、皮の中より果実を取り出します。縦にそっと剥がすように皮を取ると、キレイに果実のみが残ります。

  4. 土佐文旦の皮にはとても苦みがありますので、皮を剥いた後は一度手をお洗いください。そうすることでよりよい甘さの文旦をお楽しみいただけます。

土佐文旦【露地】生産者のこだわり

文旦作りに心血を注いで50年。抱き続ける熱い思いと熟練の技。

味の決め手は全国有数の日照時間と、それを最大限に活用する熟練の技の数々。
土佐文旦土佐市宮ノ内には、文旦の甘さを演出するのに最も必要な南国土佐の太陽の恵みがあります。2月、3月、出荷のかたわらで、すでに剪定をする。常に日光を吸収しやすく、また花がまとまって咲かないように、枝や葉にすきまを作る。年間を通し、この作業をこまめにすることが文旦の出来を左右します。矢野さんの文旦畑は、山の斜面を利用し、地域でも日照時間に最も恵まれた立地条件にあります。
土へのこだわりは、至ってシンプル。科学肥料の即効的な効果に頼ることなく自然のあるがまま、その能力に過剰な収穫は求めず田舎らしく、自然のすべてを受け入れ、緩やかに輪廻させる独特の矢野農法、矢野理論に従って収穫につなげる。
自然のなかで、生命の営みと、それを守るためにずっとしてこられた半世紀の集大成が、今ここにあります。
50年の歳月をこの地で過ごされたご夫婦の思い出の全てが土や、樹々、天空に溢れ、柔らかな空気がゆっくりと心地よく土佐の里に流れていきます。

露地文旦をさらにおいしくするための「追熟」

土佐文旦は収穫したばかりでは、まだ熟してないので、桶に入れて1〜2カ月寝かす。この追熟作業をすることで酸が抜け、豊潤で甘みのある文旦になっていきます。
寒い時期に収穫を迎える土佐文旦ならではの追熟ですが、糖度と酸度のバランス感性とそれを見事に作り出す経験と技術は土佐文旦生産者の中でも卓越しています。

土佐文旦おいしさへのこだわり「追熟」

「昔に比べたら、数もへったし消毒もやらん。けんどその分世話がたるき、えい文旦ができよるねえ」。目の届く量のみを大切に育てる。深い愛情がおいしさとになって表れます。

商品内容

(2Lサイズ)土佐文旦20〜22個

お届け期間:2月中旬〜3月下旬 
生物につき、お届け日をご指定できません。