創業百年「土佐料理」発祥の店 司

 
$img_title

父の日のメッセージは何を書いたらいい?

2019.04.13

お父さんに日頃の感謝の気持ちを伝える、父の日。
プレゼントもよいですが、やっぱり「ありがとう」の言葉をきちんと伝えたいですよね。
そんなときには、メッセージカードを贈ってみませんか?
遠方にいるお父さんにはもちろん、毎日顔を合わせるお父さんにも、たまにはメッセージカードで思いを伝えてみましょう。
面と向かっては照れくさくて言えないことも、カードなら伝えられるかもしれません。

でも、メッセージカードって何を書いたらいいのかわからない…という方も多いかもしれませんね。
そこでここでは、父の日のメッセージを書く際のポイントをいくつかご紹介したいと思います。

まずは「ありがとう」の気持ちを

父の日のメッセージカードですから、まずは「お父さん、いつもありがとう」の言葉を入れましょう。
ただ「ありがとう」だけではなく、具体的に感謝している事柄をいれるのもおすすめです。

<例文>
・お父さん、いつも家族のために頑張ってくれてありがとう
・お父さん、家族のために毎日一生懸命働いてくれてありがとう
・お父さん、いつもおいしいお米やお野菜を送ってくれてありがとうございます

お父さんへの“尊敬”を伝えよう

父の日には、“感謝”だけではなく“尊敬”の気持ちも伝えてみましょう。
いつも頑張っているお父さんにとっては、家族から尊敬してもらえているということが何よりも嬉しいプレゼントになるかもしれませんよ。

<例文>
・いつもカッコイイお父さんが私の憧れです
・自分も社会人になって、社会で働くお父さんの偉大さがわかりました
・私も家族を持ってようやく、お父さんがどれほど家族のことを考えてくれているのかわかった気がします

プレゼントに込めた思い

プレゼントを一緒に贈る場合には、そのプレゼントに込めた思いも書いておくとよいかもしれませんね。
自分のために一生懸命選んでくれたということが伝われば、お父さんの嬉しさも倍増です!

<例文>
・いつまでもかっこいいお父さんでいてほしいから、お父さんに似合いそうな洋服を選びました。
・お父さんの大好きな日本酒を贈ります。日頃の疲れを癒してくださいね。
・おいしい○○を食べて、暑い夏も元気に乗り切ってくださいね!

健康を気遣う言葉も忘れずに

父の日のメッセージの最後には、お父さんの健康を気遣う言葉も忘れないようにしましょう。
お母さんのことにも触れておくとよいかもしれませんね。

<例文>
・大好きなお父さん、いつまでも元気にいてね!
・毎日忙しいと思うけど、あまり無理せず、体を大事にしてね
・これからもお母様と仲良く、お元気でお過ごしくださいね

いかがですか?
もちろん父の日のメッセージでいちばん大切なことは、お父さんへの気持ちを素直に伝えること。
シンプルな「ありがとう」の言葉でも、お父さんにとっては嬉しいに違いありません。
また、メッセージはメールや印刷で済ませるのではなく、なるべく手書きにしましょう。
真心込めた手書きのメッセージで、お父さんへの思いを伝えたいですね。